Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

マーケティングの戦略5 マーケティングミックス(4P)

マーケティングの戦略5 マーケティングミックス(4P)

===========================
006 マーケティングの戦略と戦術
===========================

前回までマーケティング戦略を立案の流れとして

PEST分析
 ↓
3C分析
 ↓
SWOT分析
 ↓
セグメンテーション
 ↓
ターゲティング
 ↓
ポジショニング

についてお伝えしました。

ここまで自社を取り巻く環境と
自社の強みと弱みを明らかにし、
自社商品やサービスの課題を抽出

市場を細分化し、自社商品サービスを
ほしがっているお客さんはどこにいるのか
どんな人なのか?その人の年齢や性別や年収
趣味やライフスタイルなどを明確にした後

その理想のお客さんに取って、自社の商品サービスが
他社の商品サービスに対し、どのように差別化を行なうか?

というところまで分かりました。

ここまでがいわゆる戦略の部分になります。

次に行なうのが戦術(具体的に何を行なうのか?)
になります。

マーケティングの戦術でよく使われるのが
マーケティングの4Pです。

4Pとは
プロダクト(Product)/商品
プライス(Price)/価格
プレイス(Place)/流通
プロモーション(Promotion)/広告・PR・販促

この4つの頭文字を取って4Pといいます。
また4つのPを組み合わせることをマーケティング・ミックスともいいます。

ここまでをわかりやすくいいますと

どの市場の(セグメンテーション)

理想のお客さんに買ってもらう為に(ターゲティング)

どんなコンセプトのどんな切り口の商品サービスで(ポジショニング)

ーーーーーーーーーーーここまでが戦略部分ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーここからが戦術部分ーーーーーーーーーーーーーー
●どんなパッケージでどんなネーミングで
 どんな中身の商品をどんな品揃えで(プロダクト)

●いくらくらいの価格帯で、(プライス)

●どんな店に扱ってもらって、(プレイス)

●どのように告知して(プロモーション)

買ってもらうか?

が4Pでのマーケティングミックスの流れになります。

さらには、サービス業に置けるマーケティングミックスとして

●People/ピープル:人的サービスの質、従業員のクオリティ
●Process/プロセス:商品の提供フロー 、提供方法
●Physical Evidence/フィジカルエビデンス:物的証拠
(サービス空間、光、香り、デザイン、ユニフォーム等)

この3つを加えて
7Pという場合もあります。

マーケティングの大家フィリップ・コトラーが提唱
ちなみに STP すなわち
Segmentation セグメンテーション
Targetingターゲティング
Positioningポジショニングの概念も提唱したようです)

ここまで戦略と戦術の部分をお話ししましたが、
そもそも一体戦略と戦術って何なのか?

長々と書いてしまいましたので、この話は次回お伝えしたいと思います。

■まとめ

具体的に売る為の戦術を4つのPの組み合わせで考える
4つのPとは
プロダクト(Product)/商品
プライス(Price)/価格
プレイス(Place)/流通
プロモーション(Promotion)/広告・PR・販促

サービス業の場合は
●People/ピープル:人的サービスの質、従業員のクオリティ
●Process/プロセス:商品の提供フロー 、提供方法
●Physical Evidence/フィジカルエビデンス:物的証拠
(サービス空間、光、香り、デザイン、ユニフォーム等)

この3つのPをプラスして7Pという

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional