Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

儲かる商品・儲かる市場とは?

儲かる商品・儲かる市場とは?

===========================
009 儲かる商品・儲かる市場とは?
===========================

前回は上がりのエスカレーターと下りのエスカレーター
のお話をしました。

今あなたの会社が扱っている商品サービス事業は
儲かる商品サービス事業か?
見極めが必要だといいましたが、

ひとことでいうと
扱っている商品の市場が成長しているかどうか?
がポイントになります。

上がりのエスカレーターにのる
即ち、成長している市場に参入するということです。

■全ての商品サービス、事業がたどる成長曲線とは?

全ての商品サービス、事業はある法則性を持っています。

その法則とはプロダクトライフサイクルといい

導入期→成長期→成熟期→衰退期

といった大きく4段階を経ます。

ちょうどグラフにすると山の様な形になります。

例→ http://goo.gl/aS8Me

もともと、植物や動物の成長を表すものだそうですが、
商品やサービス事業においても同じ、成長の仕方をするのだそうです。

市場に参入する一番いいタイミングは
この成長期に参入することです。

では、この4段階の成長期に市場参入した方が良い理由とは何でしょうか?

それは、他の段階に比べ費用対効果が一番いい事です。

成長期では、導入期ではどんなに商品を説明してもよく分かってもらいなかったのに、なぜかお客さんが説明もしないのに買ってくれる状態になります。

また新規顧客獲得にも最適の時期で、広告すればするほど
どんどん儲かるようになるのがこの時期なのです。

逆に他の段階で市場に参入するとどうなるのでしょうか?

■導入期では…

導入期の商品は、新しい商品で全然認知されていないので
市場に認知されるまで莫大な費用がかかります。

さらに商品の開発費もかかるので、
この時期に参入すると赤字になるケースが多い

なので、この時期にはなるべくお金のかからない告知方法を
プレスリリースなどがおすすめ

■成熟期〜衰退期では…

市場が飽和してくると自然淘汰が始まり、
市場シェアがわずかな会社や差別化が出来ない会社は
市場から撤退し始めます。

差別化の為にさらなるブランド化が必要になります。

何もしなければ、衰退していくだけですが、
成熟期に他者との差別化や革新的な
商品サービスを行なう事で、新たな成長の波に乗ることも可能です。

【自社の商品サービス・事業が成熟期の時はどうすべきか?】

これは、実践マーケッター・経営コンサルタントとして有名な
神田昌典さんの書籍(60分間だんトツプロジェクト ダイヤモンド社)
から抜粋させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

方法1.専門化する

方法2.より速く商品を提供する

方法3.パッケージ商品を販売する

方法4.成長している媒体に乗る(コバンザメ商法)

方法5.なまけものの欲求を満たす

方法6.コストを大幅削減する

方法7.こだわり商品に特化する

方法8.社会的にミッションを持った会社を作る(NPOモデル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional